Life of RED

レッズサポの気まぐれ赤日記です(・∀・)

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

言葉と差別について。乙武さんのツイートから。 

2011/06/20
Mon. 22:45

乙武さんのツイート見てると色々考えさせられる。
感じ方は十人十色で本人は気遣いがお節介に感じられても、そのお節介が無くなったら無くなったらで互いに気遣う気持ちが無くなってしまうのではないのかと思う。五体不満足を読んで必ずしも障害者=不幸 ではない事を知った。
障害者=不幸という方程式は健常者の偏見で、健常者も100%幸せという事はない。そんな事実があることを知っているのに障害者は不幸だと思ってしまう心があって、健常者は障害者よりも幸せだと勘違いしている。
だから障害者という言葉が差別用語だと考える。
例え、多くの人が障害者と言われても「ええ、それがどうかしましたか?」と言えたとしても、全ての障害者が"障害者"という言葉にコンプレックスを抱いていないとは言い切れないのも事実ではないのか。


乙武さんはこれを「背が高い」に置き換えて話している。

非常にわかりやすい。


言葉というものは目に見えなくて
心に訴えかけて来るもの。

心は相手に見えない。
だから気遣い というものが必要になる。


言葉は難しい。

もうちょっと乙武さんのツイートを深く読もうと思う。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://reds12.blog96.fc2.com/tb.php/680-551a6ea5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。